NFCとは?

NFC基礎知識

NFCとは?

NFC(Near Field Communication)とは、13.56MHzの周波数帯を使用した近距離無線通信規格です。
ソニーとNXPセミコンダクターズ(旧フィリップスセミコンダクターズ)によって共同開発されたNFCは2003年12月にISO/IEC 18092として国際標準規格に承認されました。国際標準となったことでICカードをはじめ、携帯電話やパソコン、家電といった様々な機器へ展開されています。

NFCの対応範囲

2003年12月にISO/IEC 18092【NFCIP-1】として国際標準規格に承認されており、ISO14443TypeAとFeliCaのエアプロトコルに対応しています。
また、2005年1月に承認された、ISO/IEC 21481【NFCIP-2】によりISO14443TypeBやISO15693にもエアプロトコルが使えます。(下図参照)

NFCの定義

【狭義のNFC】
国際標準規格として承認された13.56MHzの近距離無線通信技術のこと。
ISO/IEC18092(NFC IP-1)、ISO/IEC21418(NFC IP‐2)など既存のICカードとRFID用無線通信技術の集合体として定義されている。

【広義のNFC】
狭義のNFCを用いたシステム構築に必要な機能や仕組み全般を示す。

なぜNFCなのか

NFCは世界で最も普及している「Mifare」や日本国内で交通系決済カードなどとして広く利用されている「FeliCa」の上位共通通信方式として様々なICカード規格と互換性があり、情報の読み書きだけでなく通信することが可能なこと、また、国内外でNFCを搭載したスマートフォンが普及しており、幅広い活用が進んでいます。

NFCでできること

NFC(Near Field Communication)の名前が表わしている通り、NFC通信規格対応のICチップを搭載している機器やカードを10cm程度の近距離で「かざす」だけで簡単にデータの読み書きや通信が可能になります。

■リーダライタ機能
NFCが搭載された電子機器は決済端末やハンディリーダーとして様々な非接触ICカードやタグの読み書きができます。端末操作の手間を軽減させ、商品選択やサービスの比較検討をスムーズに行うことができます。

リーダライタ機能

■カードエミュレーション機能
カードエミュレーション機能はこれまで非接触ICカードが実現してきたクレジットや電子マネー決済など、カードのエミュレーション(「Mifare」や「FeliCa」のような動作をする)を行うものです。NFCは「Mifare」や「FeliCa」など様々なICカード規格と互換性があるため、複数の規格のICカードサービスを包含した展開が可能になります。

カードエミュレーション機能

■端末間通信機能(P2P)
P2P機能は端末同士のデータ送受に使用されます。NFC搭載の機器同士を「かざす」だけで、メールデータやスケジュール、画像データなどをスムーズに認証・ファイル交換することができます。

端末間通信機能(P2P)

かざす」が創る未来

NFCを利用した活用例をご紹介します。

活用例①

プロモーション

リアルからネットへのスムーズな流れを実現

ICタグを貼り付けた交通広告やポスターなどにNFC搭載のスマートフォンなどの端末をかざすだけで、ツールでは伝えきれなかった情報を伝えたり、その場でキャンペーンに参加してもらうことができます。
駅構内でのクーポンの提供

【特長】
これまでのプロモーションでは、オフラインからオンラインにつなごうとする際、URLを入力したりQRコードを読み取るためのバーコードリーダを起動させるなどユーザー側に多少の手間がかかっていましたが、ICタグとNFC搭載の端末を利用することで、「かざす」だけでオフラインからオンラインへのスムーズな流れを実現します。

クーポン
交通広告やポスターからクーポンを取得できるようにすることで、興味のあるユーザーにダイレクトに配布し販促効果を高めることができます。
スタンプラリー
施設内にある各店舗のポスターに端末をかざすことで端末に来店履歴を記憶させることが可能です。得点を付与することで各店舗への来店率を上げることが出来ます。
キャンペーン
Webキャンペーンとして交通広告やポスターから簡単にキャンペーンに参加してもらうことができます。

活用例②

サービス

商業施設のフロアガイドや博物館のキャプションなどにICタグを貼り付け、NFC搭載の端末をかざすだけで、日本語だけではない多言語での案内サービスを提供することができます。

商業施設のフロアガイドや博物館のキャプションなどにICタグを貼り付け、NFC搭載の端末をかざすだけで、日本語だけではない多言語での案内サービスを提供することができます。

商業施設でのフロアガイド
美術館での作品紹介

【特長】
外国人向けのサービスとして活用することも可能で、表示面積の制限をNFCでカバーすることができます。外国人ユーザーが施設で迷ったりせず、ニーズに合ったお店を案内することで満足度向上につなげます。

また、多言語補完サービスとしてだけでなく、NFC搭載の端末で「かざす」ことで文字情報にプラスして動画などのコンテンツでブランドイメージや世界観を豊かに表現することも可能です。

ここでご紹介した活用例以外にも、様々な展開が可能です。
当社ではお客様の企画、施策に合わせたNFC活用をご提案させていただきます。

製品紹介

リーダライタ

組込み形状、インターフェース形状に応じた各種リーダライタをご用意しております。

RFU-1000

型番

RFU-1000

通信方式

ISO14443 TypeA準拠

動作周波数

13.56MHz

通信速度

38,400bps

I/F

非同期シリアル

入力電源

DC+5V

通信距離

約10cm

外形寸法

30×30×5.5(mm):メイン基盤
30×12×4.5(mm):アンテナ基盤


RFU-2000

型番

RFU-2000

通信方式

ISO14443 TypeA準拠

動作周波数

13.56MHz

通信速度

38,400bps

I/F

USB

入力電源

DC+5V

通信距離

約10cm

外形寸法 75×35×5.4(mm)

各種媒体(異形状タグ)

カードやラベルといった媒体の他にも、様々な形状のICタグを取り揃えています。

⇒ICカードの製品ページはこちら
⇒ICタグラベルの製品ページはこちら

リストバンドタイプ
キーホルダータイプ

ここでご紹介したもの以外の形状でもご対応可能です。お問い合わせ下さい。

※FeliCaは、ソニー(株)が開発した非接触ICカードの技術方式で、ソニーの登録商標です。
※Mifareは、NXPセミコンダクターズ社の登録商標です。
※Suicaは、JR東日本の登録商標です。
※PASMOは、(株)パスモの登録商標です。
※Edyは、ビットワレット(株)が運営するプリペイド型電子マネーサービスの名称です。
※QRコードは(株)デンソーウェーブの登録商標です。

戻る