第23回インターフェックスジャパン出展レポート

当社は2021年12月8日(水)~10日(金)に幕張メッセで開催された「第23回インターフェックスジャパン」に出展しました。

会期中は多くのお客さまにご来場いただき、誠にありがとうございます。
今回は、そのレポートをお届けします。
 


出展内容

今回の展示会では「CONNECT ー人々の暮らしや社会、あらゆるモノやコトをつなぎますー」を出展コンセプトに、ラベルのオンライン印刷サービスやデジタル印刷技術を活用したデザイン表現、製造工程管理ソリューションやDXソリューション、環境配慮製品などをご提案致しました。

( デジタル印刷を介して )お客さまと消費者をつなぐ

シール・ラベルのオンライン印刷サービス「HappyLabels」【 NEW 】

シール・ラベルに特化した新しいオンライン印刷サービス「HappyLabels」をご紹介しました。
カンタン、早い、安い、送料無料を特長としております。また、お客さま自身によるデザイン制作を可能とした「オンラインエディター機能」を搭載しているため、専用のソフトを使用することなくお客さまのオリジナルデザインをラベルにすることができます

作成したラベルを容器へ自動的に貼る方法として、卓上型円周貼りラベラー「TL-R05」も併せてご提案しました。

「HappyLabels」についてはこちらのページをご参照ください。
「TL-R05」についてはこちらのページをご参照ください。

デジタル印刷が可能にするデザイン表現

IPJ2021_デジタル印刷アプリケーション

商品パッケージの一部として使用されることの多いシール・ラベルにおいて、一枚一枚異なるユニークなデザインは消費者への「特別感」を演出することで話題性を持たせ、SNSマーケティングにも有効です。

ユニークデザインを自動生成できるアプリケーションとして「Mosaic」「Collage」の他に、今回新たに「Frames 【 NEW 】」をご紹介しました。
Framesは、一つの動画から自動的に可変データを切り出し、ラベルのデザインを作成することができるアプリケーションであり、
デジタル印刷機を組み合わせることにより、世界に一つだけのオリジナリティ溢れるデザインを無限大に製品化することが可能です。


( 個別IDを付与して )製品と情報をつなぐ

製造工程管理ソリューション

製造工程管理ソリューション1
製造工程管理ソリューション2

近年、サプライチェーンのグローバル化や大規模リコール等を回避するため、材料・生産・出荷の履歴管理の重要度が増しています。その対策として製品一つ一つにユニークなコードを付与し、各工程で情報の紐付けを行い管理する「製造工程管理ソリューション」をご提案しました。

会期中、会場では化粧品の製造ラインの流れを再現し、それぞれの工程において固有番号を付与し、データを紐付けて個体管理するデモンストレーションを行いました。
 ・個包装、集合包装、輸送包装の各包装単位においてそれぞれ情報を付与、紐づけ
 ・製品パッケージには5mm角の極小ラベルにデータマトリックスを印字
 ・i2Traceと連携することで、偽造防止機能を盛り込むことも可能

当社ではコード付与について、ラベルはもちろんインクジェットプリンタやレーザーマーカーなどの直接印字も提案が可能なため、お客さまにとって最適なコード付与をご提案致します。

i2Trace(アイトゥー・トレース)

i2Trace

製品のトレーサビリティを実現するためには、ユニークコードを使用した個体管理が有効です。しかし、製品の一部にトレーサビリティ用のコードを入れる場合、スペースやデザインの制限があるだけでなく、消費者のアクセスを想定していないケースも多く、コードの有効利用が課題となっています。

このような課題に対し、当社が開発した「i2Trace」をご提案しました。「i2Trace」では、認証を受けたスマートフォン(企業)からのみトレース情報の確認が可能で、認証外のスマートフォン(消費者)が読み取った場合は任意の製品サイトやホームページへリンクすることができます。

i2Traceは企業側と消費者側、それぞれの有効なページへリンクさせることができるため、トレーサビリティ用のコードを入れたいが、消費者にとって意味のないコードをデザインに入れたくないというお客さまの課題を解決します。

また、専用のアプリは不要なため、企業にとっては製品のトレーサビリティを円滑に、消費者には手間なダウンロード動作がないため販促施策を実施しやすくなります。特殊コード体系ではないため、ラベルはもちろんインクジェット等での直接印字にも対応しております。

「i2Trace」についてはこちらのページをご参照ください。

※QRコードは、株式会社デンソーウェーブの登録商標です。

ステルストレースシステム

ステルストレース

模倣品・偽造品の流通や非正規ルートでの流通、不正転売などの対策として「ステルストレースシステム」をご提案しました。
このシステムでは、肉眼では判別しにくい「ステルスインキ」でデータマトリックスなどのコードを印字することで、第三者に分からないように商品の個体管理やトレーサビリティを可能にします。

専用サーバーにコードを紐づけた商品情報を格納することで、スマートフォンアプリでの照会も可能です。ステルスインキを使用することで商品のデザイン性を損なうことなく商品のトレーサビリティが可能になり、商品の不正な横流し防止や真贋判定などにご活用いただけます。

ステルストレースシステムについてはこちらのページをご参照ください。

( SDGsへの取り組みや環境商材を介して )地球環境とつながる

リサイクルPETラベル【 開発中 】【 NEW 】

リサイクルPETラベル
近年、地球温暖化や海洋プラスチック問題など、様々な環境問題が深刻化する中で、新たに「リサイクルPETラベル」を開発しています。
日本国内で消費・回収された使用済みPETボトルの再生PET樹脂を25%以上使用した白色タイプのラベルをご紹介しました。
ラベルは、バイオマス度20%のバイオマス粘着剤を使用したタイプと、従来比1/5の厚さの5μmの薄膜粘着剤を使用したタイプの2種類をご用意しています。

リサイクル可能な剥離フィルム【 NEW 】

リサイクル可能な剥離フィルム

これまでは捨てるものだった「剥離紙」を「専用フィルム」に置き換え、ラベルを使用した後再び「剥離フィルム」として再生させたラベルです。
このラベルは、剥離フィルムの再生を可能にする日榮新化株式会社様のリサイクルスキームを活用したもので、ラベルのユーザーであるメーカー様の産業廃棄物を大幅に低減できることが特長です。また、新たな木材、石油資源の使用を大幅に削減することも可能です。


その他環境配慮型ラベル

その他環境配慮ラベル

上記ラベルの他にも、自然分解しやすいフィルムを使用した「生分解フィルムラベル」、パルプ製造から生じるトール油系残留物をベースにした「木質系PPラベル」、凸版印刷独自の蒸着加工にによる世界最高水準の水蒸気・酸素・保香バリア性を持つ「GL BARRIER ラベル」など、環境に配慮したラベルを多数ご紹介致しました。

環境配慮ラベルに関してはこちらのページからご覧ください。


(高度な技術で)お客さまの課題解決につながる

超薄型レンチキュラー技術

カラーLEDラベルプリンタ

当社保有技術として、目の錯覚を利用し、印刷物を見る角度によって絵柄が変化したり、立体感のある表現が可能な印刷技法をご紹介しました。
表面にかまぼこ型の凹凸がある特殊レンズ(レンチキュラーレンズ)を使用することからレンチキュラーと呼ばれています。このレンチキュラーレンズと特殊印刷を組み合わせることにより、一般的な印刷では再現できない効果を演出します。

当社は日本国内で初めて超薄型レンチキュラーラベルを開発しました。従来品の1/3程度の厚みになるため、曲面への貼付が可能になり、またラベラーでの自動貼り対応を実現しました。パッケージや製品ラベルとしてはもちろんですが、ブランド認証や証印など偽造防止ラベルとしてもご活用いただけます。

「超薄型レンチキュラー技術」についてはこちらのページをご参照ください。


微細配線技術

フィルムヒーター

「超薄型レンチキュラー技術」の他にも、高分子フィルム上に配線パターンを形成する技術をご紹介しました。

ラミネート技術と超音波による微細配線技術によって作成した配線パターンに電流を流すことにより、「フィルムヒーター」として機能させることができます。
自由度の高い配線パターンを構築できるため、高光線透過率を必要とする部分に対して、最適な配線パターンを施し、防曇・解氷機能を実現します。


「フィルムヒーター」についてはこちらのページをご参照ください。

 


薄膜コーティング技術

防曇フィルム

「薄膜コーティング技術」は、10μm以下の膜厚で薄く均一にコーティングする技術です。高分子フィルム上に吸水タイプの防曇層を形成し、高い防曇性能を付与した「防曇フィルム」としてご提案しました。

フィルムに防曇機能を有することで、防曇効果が必要なあらゆる場所や様々な形状に応用することができるだけでなく、簡単に貼り替えることも可能です。当社の防曇フィルムは他社に比べて高い耐久性を持っており、長期間使用することが可能です。

「防曇フィルム」についてはこちらのページをご参照ください。


お気軽にご相談ください

各製品やサービスに関して、詳しいご説明をご希望の場合やご不明点、お見積りなどは、以下よりお気軽にお問い合わせください。

戻る