JAPAN PACK 2022出展レポート

当社は2022年2月15日(火)~18日(金)に東京ビッグサイトで開催された「JAPAN PACK 2022」に出展しました。

会期中は多くのお客さまにご来場いただき、誠にありがとうございます。
今回は、そのレポートをお届けします。


出展内容

今回の展示会ではサステナブル社会をラベルで支えるを出展コンセプトとしました。
近年、環境問題への意識が高まり消費者の行動が変化したことで、容器包装分野においてもサステナブルなパッケージの需要がますます高まっています。これまで当たり前のように利用され、パッケージの一部であった「ラベル」が採用されにくい風潮に変わり、プラスチック資源循環に向けて、今後さらにこの流れが加速していくと考えられます。
そこで当社はサステナブル社会を鑑み、ラベルでできるペットボトル飲料のプラスチック削減策をご提案致しました。

ラベルレスボトル飲料向けソリューション

ネックPOPラベラー「TLN-1000」+IoT/高速ラベラー「S-51V」【 NEW 】

ラベルレスボトル飲料の製造ラインの一連の流れを再現し、店頭販売において必要な法定表示やバーコードを記載したラベルをラベラー「S-51V」で高速で貼りながら、新製品やキャンペーンなどの情報を記載したネックPOPラベルをネックPOPラベラー「TLN-1000」で自動掛けするデモンストレーションを行いました。
 
また、ネックPOP ラベラー「TLN-1000」はインターネットに接続して管理できるIoT機能を新たに搭載しました。デモンストレーション時の稼働状況データをモニタリングしました。


⇒「S-51V」についてはこちらのページをご参照ください。
⇒「TLN-1000」についてはこちらのページをご参照ください。

ネックPOPバリエーション

ボトルから起立させるスタンディングタイプのネックPOPラベルや4方向に訴求可能な4面ネックPOPラベル、視認性の高い手掛け用ネックPOPラベルなど、さまざまなバリエーションをご提案しました。

その他当社トピックス

シール・ラベルのオンライン印刷サービス「HappyLabels」【 NEW 】

シール・ラベルに特化した新しいオンライン印刷サービス「HappyLabels」をご紹介しました。
カンタン、早い、安い、送料無料を特長としております。また、お客さま自身によるデザイン制作を可能とした「オンラインエディター機能」を搭載しているため、専用のソフトを使用することなくお客さまのオリジナルデザインをラベルにすることができます

「HappyLabels」についてはこちらのページをご参照ください。

デジタル印刷が可能にするデザイン表現

IPJ2021_デジタル印刷アプリケーション

商品パッケージの一部として使用されることの多いシール・ラベルにおいて、一枚一枚異なるユニークなデザインは消費者への「特別感」を演出することで話題性を持たせ、SNSマーケティングにも有効です。

ユニークデザインを自動生成できるアプリケーションとして「Mosaic」「Collage」の他に、今回新たに「Frames 【 NEW 】」をご紹介しました。


「Frames」は、一つの動画から自動的に可変データを切り出し、ラベルのデザインを作成することができるアプリケーションであり、
デジタル印刷機を組み合わせることにより、世界に一つだけのオリジナリティ溢れるデザインを無限大に製品化することが可能です。


ラベル発行+自動貼りのオンデマンドシステム

小ロット多品種の現場を想定した、沖電気工業様のカラーLEDプリンタ「Pro1050」と当社スタンダードモデルラベラー「TL-R05(円周貼り)」のデモンストレーションを行いました。カラーLEDプリンタとラベラーを組み合わせることで、予め印刷されたラベル在庫を抱えることなく、必要な時に必要な分だけラベルの発行、貼り付けが可能です。

⇒ 詳細はこちらのページをご参照ください。


環境配慮ラベル

リサイクルPETラベル【 開発中 】【 NEW 】
日本国内で消費・回収された使用済みPETボトルの再生PET樹脂を25%以上使用した白色タイプのラベルです。
現在開発中の、バイオマス度20%のバイオマス粘着剤を使用したタイプと、従来比1/5の厚さの5μmの薄膜粘着剤を使用したタイプの2種類をご紹介しました。

リサイクル可能な剥離フィルム【 NEW 】
これまでは捨てるものだった「剥離紙」を「専用フィルム」に置き換え、ラベル使用後、再び「剥離フィルム」として再生させたラベルです。
ユーザーであるメーカー様の産業廃棄物削減と新たな木材や石油資源の使用量の削減につながります。

生分解フィルムラベル
再生可能な木材パルプから作られたバイオマス成分90%の生分解性フィルムを使用したラベルです。

「生分解フィルムラベル」についてはこちらのページをご参照ください。

木質系PPラベル
パルプ製造から生じるトール油系残留物をベースに使用したラベルです。石油資源の節約、CO2排出量の削減に貢献します。

「木質系PPラベル」についてはこちらのページをご参照ください。

GL BARRIERラベル
トッパン独自開発の世界最高水準のバリア性能と優れた環境適性をもつ、「GL BARRIER」シリーズの基材を使用したバリアラベルです。

「GL BARRIER ラベル」についてはこちらのページをご参照ください。


製造工程管理ソリューション

近年、サプライチェーンのグローバル化や大規模リコール等を回避するため、材料・生産・出荷の履歴管理の重要度が増しています。その対策として製品一つ一つにユニークなコードを付与し、各工程で情報の紐付けを行い管理する「製造工程管理ソリューション」をご提案しました。

当社ではコード付与について、ラベルはもちろんインクジェットプリンタやレーザーマーカーなどの直接印字も提案が可能なため、お客さまにとって最適なコード付与をご提案致します。


お気軽にご相談ください

各製品やサービスに関して詳しいご説明をご希望の場合や、ご不明点・お見積りなどは、以下よりお気軽にお問い合わせください。

戻る