第21回 自動認識総合展にトッパングループとして出展協力いたします

2019年09月03日

株式会社トッパンインフォメディアはこのたび、「第21回 自動認識総合展」にトッパングループとして出展協力致します。ご多用とは存じますが、ぜひトッパンブース(南4ホール A-84)にお立ち寄りくださいますよう、ご案内申し上げます。


【 トッパングループ出展概要 】

スマートファクトリーとスマートリテールを実現するトッパンセキュアソリューション

トッパンはお客さまのビジネス課題をはじめ、社会テーマも視野に入れたソリューションを幅広くご提案し、ご採用いただいております。IoTやビッグデータ活用の基幹技術として注目されるRFIDを中心に、スマートファクトリーを実現する業務効率化、省人化・可視化サービスの他スマートリテールを支える真贋判定、トレーサビリティなど最新のサービスや活用事例をデモンストレーションを交えてわかりやすくご紹介いたします。

◆出展内容
 
〔 流通・物流向けソリューション 〕スマートリテールソリューション
 ・ 「電子棚札(ESL)」ソリューションによる店頭の業務改善と売上貢献
 ・ 統合ID認証プラットフォーム「ID-NEX」による模倣品対策連動キャンペーン施策
 ・ 統合ID認証プラットフォーム「ID-NEX」による温度トレーサビリティ管理
 ・ 自律移動ロボット「CarriRo®」とICタグによる業務効率化
 
〔 低価格ICタグで実現する商品の個品管理 〕
 ・ 汎用ラベラーによるICタグタギング
   ※当社のスタンダードモデルラベラーTL-R512(天面貼り)に
    ICタグラベルの読み取り装置を追加して、デモンストレーションを行います。
 ・ トンネル型ゲートによる入出庫管理
 ・ フック商品用スマートシェルフによるリアルタイム在庫管理
 ・無人展開可能なRFID対応モバイルPOSによる商品一括読み取り会計

〔 製造向けソリューション 〕スマートファクトリーソリューション
 ・ IoT向け次世代LPWA通信規格「ZETA」
 ・ 位置、映像情報、バイタルデータを融合したIoT可視化サービス「ID-Watchy®
 ・ センシング可能な表示機能付きIoTエッジデバイス「Near cross®
 ・ 電子ペーパー「バッテリーレスタグ」による製造見える化ソリューション
 ・ 資産管理システム「Convi.BASE®」による工具管理


【 展示会概要 】

■展示会名
 第21回 自動認識総合展 AUTOID&COMMUNICATION EXPO 2019

■テーマ
 コネクテッド・インダストリーズ ~未来をつなぐAUTO-ID~

■会期
 2019年9月11日(水)~13日(金)の3日間 10:00~17:00

■会場
 東京ビッグサイト 南ホール

■トッパングループブース番号
 南4ホール A-84

■主催
 一般社団法人日本自動認識システム協会

■公式サイト
 第21回 自動認識総合展オフィシャルサイトへはこちらからどうぞ


【 本件に関するお問い合わせ先 】 販売推進部 販売推進課 03-6367-5560

戻る