OEM製品の小ロットラベル/シールのお悩み解決

OEMメーカーのラベル/シールのお困りごととは?

OEMとは、Original Equipment Manufacturingを略した言葉となり、直訳は「オリジナル製品の製造者」です。分かりやすく言い換えると「他社ブランドの商品を製造する企業」のことを指します。
当社はOEMメーカーさまとお付き合いをする中で、ラベルに関するお困りごとから解決へのご提案をさせていただきましたので、ご紹介いたします。
【ラベル/シールに関するお困りごと】
・OEM製品は小ロットのため印刷会社への発注時の最少ロットが合わない。
・種類数が多くあるため、ラベルの在庫管理が大変。
・自社工場でラベル製造も検討したが、印刷機が高額で断念。
・各企業さまのご要望のラベルがあるため、様々な仕様が存在する。
 フィルムに印刷したいので、白印刷が必要
 ラミネート加工がしたい
 プリンター出力だと発生してしまう白枠をなくしたい     など
OEM食品イメージ
OEMトイレタリーイメージ

解決へのご提案 ーOEMラベルは自社工場で製造可能になりますー

工程①:ラベル印刷&ラベルの巻き取り

カラーLEDラベルプリンタ

カラーLEDラベルプリンター Pro1050

Pro1050は「白」印刷が可能なトナー式のカラーラベルプリンタです。OEM製品の大切な顔となる商品ラベルも1,200dpiヘッドを搭載しているため、高精細に印刷可能です。コート紙はもちろん、フィルムや合成紙などのラベル原反にも印刷可能なため、お客さまの幅広いご要望にも対応できます。また、高い耐水性と耐候性を備えております。
自社工場でラベル印刷を行うことで、必要な時に必要な分だけのラベル製造が可能となり、ラベルの在庫管理の負担が大幅に軽減します。
お客さまのラベルデータを頂ければ、サンプル出力することも可能なので、お気軽にご相談ください。

カラーLEDラベルプリンタについて詳しくはこちら
※「カラーLEDラベルプリンタPro1050」は沖電気工業株式会社の登録商標です。

▼オプション品である巻き取り機を使用して、次工程の後加工を行います。

工程②:後加工(ラミネート、プロッタ抜き、カス上げ、ラベル巻き取り)

ラベルフィニッシャー Virgo-14

ラベルフィニッシャー Virgo-14

Virgo-14はOKIラベルプリンタ Pro1050/1040にマッチするラベルフィニッシャーシステムです。印刷後のロールラベルをセットしラミネート、プロッタで型抜き、カス上げ、巻取を1パスで行うことが可能です。プロッタ抜きのため、型が不要となり、低コストでお客さまのご要望のラベル形状やサイズに対応することが可能です。
プリンター出力で生じてしまうラベルの白枠の問題も解決いたします。

ラベルフィニッシャー Virgo-14について詳しくはこちら
※「ラベルフィニッシャーVirgo-14」は株式会社 SHITARAの登録商標です。

▼カス上げされたロールラベルはラベラーを使用して、ラベル貼付を行えます。


工程③:ラベルの貼付

円周貼りラベラー「TL-R105」

円周貼りラベラー「TL-R105」

OEM製品は一つ一つの製品は小ロット品が多いですが、まとめると手貼りでは大変な数量になります。当社ラベラーの中で特に需要のある円周貼りラベラーについてご紹介いたします。
円周貼りラベラー「TL-R105」はシンプルな機構で、どなたでも簡単に操作が可能なラベラーになります。電源は100Vのため、家庭用のコンセントに差し込むだけで使用可能です。また、コンベアー一体型なので場所を取らずに省スペースでの設置が可能です。キャスター付きなので、移動も簡単です。

円周貼りラベラー「TL-R105」について詳しくはこちら
ラベル・シール貼りを手貼りで行っているお客さまはぜひこちらもご覧ください。

このような方法で自社工場内でラベル製造することが可能になります。必要な時に必要な分だけラベル製造やラベルの貼り付けが行えることで、小ロット多品種ラベルのお悩みを大幅に解決することができます。
こちらのシステムは、OEMメーカーさまだけではなく、ラベルの小ロット多品種生産を行っている全ての企業さまにもご活用頂けるシステムとなります。ぜひお気軽にお問い合わせください。


また、ラベル製造からラベルの貼り付けや、セット、梱包、発送などのアッセンブリ作業を当社で一括でお受けすることも可能です。ご対応可能な作業事例を掲載しておりますので、こちらの記事もぜひご覧ください。
おすすめの記事はこちら


こちらの記事もぜひご覧ください!

戻る