GL BARRIER (GL FILM)ラベル

トッパン独自開発の世界最高水準のバリア性能と優れた環境適性をもつ、GL BARRIERシリーズの基材を使用したバリアラベルです。

特長

GL BARRIERの機能はそのままに、粘着加工を行いラベル化することで、様々なパッケージにバリア性能を簡単に付与することが可能です。

※GL BARRIERについてくわしくはこちらをご覧ください。
 凸版印刷株式会社のHPに移動します。

安定したバリア性能

食料品・化粧品・化学品・医療医薬品などに求められる「乾燥・吸湿・腐敗・蒸散」等の変化から内容物を保護することが出来ます。高温多湿環境におかれても、商品の鮮度を保ったまま内容物の 包装ができ、商品のシェルフライフを延長することが可能になります。

<GL BARRIERラベル水分蒸散測定>

【測定方法】
ポリエチレン容器に超純水6gを入れ、軟包材用フィルムを蓋材にし、熱圧着して密封、40℃の高温漕に保管して重量変化を測定します。

【測定サンプル】
容器胴部分にラベル貼りを行います。GL BARRIERラベル、一般基材ラベル、ラベルなしの3パターンです。

【測定データ】
※一般基材ラベル貼り容器とラベル貼りなし容器はほぼ同等の水分蒸散となりましたが、GL BARRIERラベル貼り容器は水分蒸散が軽減しております。

優れた環境適性

高価なハイバリア容器から単層容器に切り替えることで、モノマテリアル包材として、リサイクル適性を高めることが可能となります。
バリア性の高いアルミ箔を用いた基材から代替えでGL BARRIERラベルをご使用頂くことで、重量の減量化が可能となります。また、焼却時には塩素系ガスなどの有害ガスは発生せず、焼却後の残渣もほとんど発生しません。

GL用途

透明性と非伝導性

GL BARRIERラベルは透明基材のため、パッケージなどの印象を損なうことなく、訴求することが可能となります。また、金属探知機や電子レンジを使用する環境にも利用することが可能となります。


ラベラー

ラベラー適性

GL BARRIER単体では基材が薄いためラベラー適正がありません。GL BARRIERラベルはバリア機能を失わないように加工を行い、同一基材で厚みを持たせることでラベラーでの使用も可能となっております。
ラベルのサイズや処理能力などにあわせてラベラーもご案内させていただきますので、お気軽にご相談ください。

ラベラー製品一覧はこちら➤


用途

GL原反

※透明基材に一部印刷をしております。

【品質保持に】
・食品、医療医薬品、化粧品など様々な製品において水分の蒸散を抑えます。
・医療医薬品は水の蒸散により内容物の成分に変化が出てしまうと使用出来なくなってしまうものが多いですが、GL BARRIERラベルは水分の蒸散を抑えることに優れているため、製品のロングライフ化が可能となります。
・食料品では商品の鮮度を保ち、廃棄ロスを軽減します。

【コストダウンに】
・容器にGL BARRIERラベルを巻きつけることで、容器を変えることなく、簡単に品質保持が可能となるため、コストダウンに繋がります。
 
【現場作業に】
・GL BARRIERラベルは透明な基材のため、開封せずに中身の確認をすることが出来ます。そのため、現場での誤使用防止や開封前の確認をすることが可能です。
 
【匂い移りの防止に】
・香料成分の移行の抑制にも効果があるため、開封口をラベルで補っているような製品に使用することで周りへの臭気抑制が可能です。


▼GL BARRIERラベルについてのお問い合わせはこちら▼

戻る