印刷編

印刷とは

文字や写真、または図形等をインキを用いて、多数複製する技術です。印刷の歴史は書籍を製造することからはじまり、15世紀の中頃、グーテンベルクにより活版印刷法が発明され、第一歩が踏み出されました。その後、印刷の用途が拡大され、紙だけでなく段ボール、布、セロファン、金属、ガラス、プラスチック、その他多くのものに展開されています。

印刷の版式

印刷の版はその形状から凸版、平版、凹版の3版式、もしくは孔版を加えて4版式に大別されます。

※同じ版式、方法であっても、機械によって特性が異なります。
機械としては平圧機、半輪転機、輪転機、間欠輪転機などがありますが、最適な印刷機は製造する数量や印刷後の加工工程、仕上げ方法などによって変わってきます。

戻る